肌がきれいなので満足をする女性

いつでもハリと透明感のある健やかな肌を維持したいと考えている方は多く、スキンケアや生活習慣などに気を使っている方が近年増えてきています。根本的な肌質改善を行う方法として、注目されている方法の一つがアーユルヴェーダです。最近ではエステサロンなどでもアーユルヴェーダを取り入れた施術が受けられるなど、多くの人にとって身近な存在となっていますが、まだまだアーユルヴェーダの正しい意味を理解していない方も少なくありません。

アーユルヴェーダはインドやスリランカで発達した世界最古の伝統医学です。体を構成するエネルギーといわれるドーシャの乱れを整えることで、心身ともに蓄積している毒素を排出するデトックス効果を得ることが出来ます。体質に合わせた食生活をして病気を未然に防いだり、心身浄化法にそったオイルマッサージを行うことで、効率よくデトックスを行うことが可能となるので健康な体を保つことが出来る特徴を持ちます。

アーユルヴェーダを詳しく知る上で非常に重要となるドーシャという言葉ですが、体を構成するエネルギーを指し、このドーシャが乱れることにより心身共に病気になりやすいと考えられています。ドーシャにはヴェータ、ピッタ、カパと呼ばれる3つの生命エネルギーで構成されており、これらが余計に増えてしまうことは病気につながるため、触診や視診、聴診や問診を通してドーシャバランスが乱れていないか判断し、オイルマッサージでドーシャの乱れを沈静化させます。

また、アーユルヴェーダはWHOにより公式承認されている予防医学であり、病気を取り除くことを目的とした西洋医学とは異なり、予防医学とはより体を健康に保つことにより、長寿を保ったり若々しさを保つことを目的としている特徴を持っています。体の毒素を排出させてクリアな状態に整え、次のステップに進むことが大切だという考えを持ち、単に気持ちの良いマッサージを行うのではなく、個々の体質に合わせたアーユルヴェーダを行うことにより、自分自身で毒素の溜まりにくい生活の仕方を理解し、健康な体をコントロールする生活を送ることを最終的な目的としています。

そのためアーユルヴェーダの本質は、自分の体質をきちんと理解してドーシャのバランスを整える方法を身につけることです。エステサロンでケアを受ける方法もありますが、オイルマッサージや食事内容など知識を身につければ効果的に体に美容効果を与え、肌質改善が行えます。